上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
更新だけ~・・・かな。


1.jpg



あ・・いやまぁ・・無理しないでくださいね(ぇ



いずれ失ってしまうなら

はじめから得なければいい。

大切だと思うほどに

狂ってしまうほどの喪失感に

目の前の輝きが

あっという間に、暗闇へと手をひく。



失いたくないと願うことが

誰かを不幸にするならば




ただ、水底に似た孤独に漂えばいい。




コエナイ鳥が詠う詩のように

誰にも届かない声ならば

心の底から叫ぶこともできるだろう

だれも振り返ることなく、隣をすぎていくでしょう。




たったヒトリで、空へと叫ぶことができるだろうに




道はずっと続く

自分が終わりを決めない限り

ただ傷つくだけの旅ならば

きっと、ずっとまえに

終わり(ピリオド)を打っていたのに。



出会いが伝えた単純と

別れがつきつける複雑が


ただ、今の私の背を押している現実(リアル)。



声を失った人魚がオモウ一途さなら

きっとこんなに醜くないだろうに。

あなたの背中に声かけても

ただ、届かず泡沫に消えられるでしょう。



ただ、朝日の輝きに照らされる

夜の闇と共に消えられたのに。




悲しみも苦しみも

喜びも優しさも


全てに涙があって


今日の涙の意味も

きっと誰かに気づかれる前に拭うのでしょう。


誰にも伝えることのできない今も

いずれ、笑い話になるのでしょう。



それでも現実(リアル)は、消えない事実。



誰を責めるじゃない

たった一人の自分が惨めで

旅立つ君を笑顔で送れない




以前は、他人を笑みで送った自分なのに。




弱いのかな、このままじゃ本当はいけないのかもしれない。

君に伝えてはいけない。

誰に言えばいい?

遠くなる背は、もう手の届かないずっと先を歩いてく。

走ってもおいつけないよ。


唇をかんで声を殺す

痛みが悲しみをごまかしてくれるから。


手を強くにぎりしめた。

くいこむ爪が、涙のかわりに紅い感情を外へと追いやるから。



【いってらっしゃい】といってもいいですか?

いつか【おかえりなさい】をいえるように。




お世話になったなんていわないで

それはさよならにとても似てるから


私はなにもしてないのだから


あふれそうな感情に落とされた一滴

もう、全て抑えきれない。




それでも、この目の前の道を

私はただ、歩いている

同じ悲しみがどれだけ待っているだろう。


それでも、アナタが教えてくれた喜びが

小さく目の前を照らしてくれるから。


いずれ、今より深い・・・暗闇へと手招く光だとしても。


光は消したりしない。


平井賢さんの曲っていいよね。
私大好きです(ぇ)

ポエムを書く気分じゃないけど
歌詞っぽいのかいてみたくなった。
スポンサーサイト

2007.02.18 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatuki.blog14.fc2.com/tb.php/68-898f2718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。